どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

【建築用】CADにおすすめのBTOパソコン【機械用】

CADの作業効率を向上させるためにハイスペックPCが絶対に必要

CADを扱うのに低スペックなパソコンを使っているなんて論外です。カクカクしたら思ったように設計できませんし、時間の無駄です。作業効率を向上させるためにもCADに最適化されたハイスペックPCを使うべきです。

といってもCADには建築用や機械用があり、AutoCADとかCATIAとか様々なソフトウェアがあります。さらにどこまで精密に設計するのかによっても、求められるパソコンのスペックが変わってきます。

ただ、大は小を兼ねるという言葉があるようにCAD用のハイスペックPCを選んでおけば、大抵のソフトウェアはサクサクになります。カスタマイズ込みで20万円くらいのパソコンを基準に考えましょう。

CADにはQuadro搭載パソコンがおすすめ!

CADには2Dのものもありますが、ほとんどは3Dです。そして3Dを扱うためにはグラフィックボードが欠かせません。グラフィックボードを搭載していないパソコンだとそもそもCADが動かないので注意してください。

グラフィックボードには色々な種類がありますが、必ずQuadroシリーズを選んでください。なぜならCADソフトはOpenGLで動作しているからです。このOpenGLに最適化されているグラフィックボードがQuadroシリーズなのです。

有名なGeForceシリーズはゲームを動かすDirectXに最適化されているため、CADには不向きです。そしてドスパラにはQuadroシリーズを搭載したCAD用パソコンが揃っています。

CADにおすすめのドスパラのパソコン

ではドスパラで販売されているCAD用パソコン(CAEやCAMにもおすすめ)の中から性能とコスパが良い物だけご紹介します。

raytrek ZQ2

CPU Core i7-9700K(8コア, 定格3.60GHz, TB時最大4.90GHz)
メモリ 16GB PC4-21300(8GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA Quadro P2000 5GB
ストレージ 500GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル Z390 チップセット

raytrek ZQ2の価格はこちら

CAD用パソコンを安く買いたいなら、このデスクトップがおすすめです。これより安いデスクトップもあるのですが、CPUが貧弱だったり、古いQuadroが搭載されていたりと、業務用としてはスペック不足です。

しかしこれなら最新世代のQuadro、Core i7、メモリ16GBとなかなかなスペックです。ただあくまでもこれが最低ラインです。本気で作業効率を上げたいならメモリを32GBや64GBに増やすなどスペックアップが必要です。

raytrek ZQ-RTX

CPU Core i9-9900K(8コア, 定格3.60GHz, TB時最大5.00GHz)
メモリ 32B PC4-21300(16GB x2, 2チャネル)
グラボ NVIDIA Quadro RTX4000 8GB
ストレージ 512GB NVMe SSD + 3TB HDD
チップセット インテル Z390 チップセット

raytrek ZQ-RTXの価格はこちら

あなたがハイエンドな機械用CADを扱っているなら、普通のCAD用パソコンでは駄目です。例えば車や精密部品なんかはハイスペックではなくハイエンドなパソコンをおすすめします。

このデスクトップはCADに最適なQuadro、CPUは高性能なCore i9-9900KとCADがカクカクすることが絶対にない最高スペックに仕上がっています。ただ価格は非常に高いので、プロ中のプロと自負する人にだけおすすめします。

公開日:
最終更新日:2019/10/08