どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

Unreal Engine 4(UE4)推奨スペックとおすすめゲーミングPC

Unreal Engine4でゲームを作るなら推奨スペック以上のゲーミングPCを使おう

これまでゲーム会社が使っているエンジンはプロだけのものでした。でもUnreal Engine4が一般公開されたことで誰でも気軽に3Dゲームを作れるようになりました。最新のゲームエンジンが無料なんて凄いことです。

ただし3Dゲームを作るのですからそれなりの環境が必要です。特に3Dモデリングや3Dゲームに携わっているプロのクリエイターは全員がハイスペックなゲーミングPCを使っています。低スペックだと仕事にならないからです。

Unreal Engine 4推奨スペック

Unreal Engine4はハードウェアとソフトウェアの推奨環境が公開されています。ここではハードウェア、つまり推奨スペックをご紹介します。

CPU:クアッドコアIntelまたはAMD、2.5GHz以上のプロセッサ
メモリ:8GB
グラフィックボード:NVIDIA geForce GTX 470

試しにUnreal Engine4を使ってみたところ、この推奨スペック通りのゲーミングPCでも動くことは動きました。でも重いです。結局どのようなゲームを作るかによって必要なスペックが変わってくるのです。少なくとも上記の推奨スペックでは本当にギリギリだと感じました。

高フレームレートを出せるUnreal Engine4推奨ゲーミングPC

カクカクではゲーム制作が遅々として進みません。高フレームレートのサクサク環境でこそ、思った通りのゲームを作れて楽しめるものです。そこでどんなゲーミングPCならUnreal Engine4でどれくらいのフレームレートが出るのか調べてみました。

ガレリア XG-E

CPU Core i7-6950X(10コア, 定格3.00GHz, TB時最大3.50GHz)
メモリ 32GB PC4-17000(8GBx4, 4チャネル)
グラボ GeForce GTX1080 8GB
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD(SATA 6Gb/s 接続)
チップセット インテル X99 チップセット

ガレリア XG-Eの価格はこちら

GTX1080にメモリ32GBという超ハイスペックPCです。でもここまで高性能なゲーミングPCでもEffectCaveをスタンドアローンで動作させると90fpsしか出ません。エディタでなら130fps以上出ます。

あなたが作るゲームはもっと軽いものになるので大丈夫だと思いますが、Unreal Engine4はかなり重いことがわかります。本気で3Dゲームを作りたいなら、極限のハイエンドを選んでください。

ガレリア ZG

CPU Core i7-7700K(4コア, 定格4.20GHz, TB時最大4.50GHz)
メモリ 16GB PC4-19200(4GBx4, 4チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1080 8GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD(SATA 6Gb/s 接続)
チップセット インテル Z270 チップセット

ガレリア ZGの価格はこちら

GeForce GTX1080を搭載したデスクトップです。メモリは16GBです。たったこれだけの違いなのにEffectCaveのフレームレートは33fpsになってしまいます。メモリ量が非常に重要だと判明しました。

あなたがUnreal Engine4を使って簡単なゲームを作りたいなら、このゲーミングPCがおすすめです。劇的に重いのは無理ですが、試しに作ってみるくらいなら充分なスペックです。価格もハイスペックとしてはちょうど良いのでコスパ抜群です。

公開日:
最終更新日:2017/04/17