どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

Oculus Rift推奨スペックとドスパラの推奨PC

Oculus Riftを遊ぶのにおすすめなゲーミングPC

VR市場で間違いなくNo.1になるOculus Rift。Oculus Riftを体験した人は誰もが「これはスゴイ!」と感動しています。ご多分に漏れず私もOculus Riftを体験し、「絶対に買う!」と誓った人間です。というか買いました。

素晴らしいOculus Riftなのですが、問題が2つあります。1つは価格です。Oculus Rift本体の価格が予想よりも高かったため不評です。もう1つは推奨スペックです。Oculus RiftはVsyncをONにすると75fps出せるのですが、その75fps出すためにはかなりハイスペックなゲーミングPCを用意しなければなりません。

ではOculus Riftを遊ぶためにはどれくらいのスペックのゲーミングPCが必要なのか見てみましょう。

Oculus Rift推奨スペック

OS:Windows 7以上
CPU:Core i5-4590以上
メモリ:8GB以上
グラボ:GeForce GTX970以上

Oculus Rift推奨スペックを満たすゲーミングPCを買おうと思ったら12万円以上は覚悟してください。どんなに安くても11万円くらいです。もしもOculus Riftをノートでやろうと思ったら、GTX1060は必要なので20万円以上になります。

ただこれ、最低限のスペックなんですよね。ゲームによって重さが異なるわけですから、今後Oculus Rift用のゲームがどんどん登場した場合、GTX1060(GTX10シリーズだとGTX970の代わりになるのがGTX1060)ではスペック不足になるのは火を見るより明らかです。

となるとOculus Riftで最上級の体験をしたかったり、今後のゲームの備えたかったりするならGTX1070やGTX1080を選ぶことをおすすめします。でも予算がギリギリならとりあえずGTX1060搭載ゲーミングPCでOKです。

Oculus RiftにおすすめのゲーミングPC

ドスパラはOculus Rift DK2推奨PCを出していたこともあり、Oculus Riftに相当詳しいです。どのグラボでどれくらいfpsが出るのかを把握しているみたいです。だからOculus RiftのためにゲーミングPCを買うならドスパラがおすすめです。

ガレリア DT

CPU Core i5-6500(クアッドコア, 定格3.20GHz, TB時最大3.60GHz)
メモリ 8GB PC4-17000(4GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ストレージ 1TB HDD(SATA 6Gb/s 接続)
チップセット インテル H170 チップセット

ガレリア DTの価格はこちら

お金がなくてどうしようもないなら、Oculus Rift推奨スペックに一番近いゲーミングPCを選びましょう。Core i5、メモリ8GB、GTX1060なので、まさにOculus Riftのために作られたようなデスクトップです。

ガレリア ZT

CPU Core i7-6700K(クアッドコア, 定格4.00GHz, TB時最大4.20GHz)
メモリ 16GB PC4-17000(8GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD(SATA 6Gb/s 接続)
チップセット インテル Z170 チップセット

ガレリア ZTの価格はこちら

普通に考えたらもっとCPUは高性能な方がいいですし、メモリは16GBあったほうがいいです。もっと言えばSSDは搭載すべきです。だからGTX1060を基準に考えるなら、ガレリア ZTのほうがおすすめです。

ガレリア ZF

CPU Core i7-6700K(クアッドコア, 定格4.00GHz, TB時最大4.20GHz)
メモリ 16GB PC4-17000(8GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD(SATA 6Gb/s 接続)
チップセット インテル Z170 チップセット

ガレリア ZFの価格はこちら

Oculus Riftは今後どんどん重いゲームが出てきます。臨場感溢れる素晴らしい3D空間を堪能したいならGTX1070のほうがおすすめです。没入感を重視するなら、これくらいハイスペックゲーミングPCを選んだほうが絶対に後悔しません。

公開日:
最終更新日:2017/04/17