どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

動画編集におすすめのパソコン【Premiere、After Effects】

ドスパラには動画編集専用パソコンがある

Youtubeやニコニコ動画を利用する人が増えてくるに従って、動画制作をする人も多くなってきました。動画編集に使うソフトといえばAviutl、Premiere Pro、After Effects、EDIUSなどが代表的です。

でもどの動画編集ソフトを使ったとしても、パソコンのスペックが必要です。低スペックだと編集作業の段階でカクカクしたり、エンコードに膨大な時間がかかったりするからです。

動画編集はグラフィックボードとメモリが重要

エンコードなどの処理を早くするためには高性能なCPUを使えばいいと思うかもしれません。しかしCPUよりもグラフィックボードとメモリのほうが遥かに重要です。

NVIDIAのグラフィックボードにはCudaという並列処理の仕組みが搭載されていて、CPUに比べて5倍以上もの処理速度を実現しています。つまり通常1時間かかるエンコードがわずか12分で完了する計算です。だから必ずグラフィックボードを搭載したパソコンを選びましょう。

また、動画編集の際には大容量の動画素材を読み込みます。もしも非圧縮の動画データなら数十GBになるのが当たり前です。そのようなデータを読み込んでエフェクトをかけてもサクサクにするにはメモリ量が必須です。少なくとも8GB、できれば16GBは積んでください。本格的にやるなら32GB以上をおすすめします。

ドスパラのおすすめ動画編集パソコン

ドスパラには動画編集に特化したパソコンがあります。どれもNVIDIAのグラフィックボードが搭載されています。特におすすめのものをご紹介します。

Raytrek-V XT

CPU Core i7-7700(クアッドコア, 定格3.60GHz, TB時最大4.20GHz)
メモリ 16GB PC4-19200(8GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル H270 チップセット

Raytrek-V XTの価格はこちら

アマチュアの動画製作者におすすめなのが、GeForce GTX1060を搭載したデスクトップです。全体的に見ればミドルスペックですが、Aviutlで比較的簡単な動画を作るのにはぴったりです。価格も安いですし、とても人気のあるパソコンです。

Raytrek-V XF-E

CPU Core i7-6800K(6コア, 定格3.40GHz, TB時最大3.60GHz)
メモリ 32GB PC4-19200(8GB x4, 4チャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
ストレージ 250GB SSD + 3TB HDD
チップセット インテル X99 チップセット

Raytrek-V XF-Eの価格はこちら

プロの動画製作者や本気で動画編集をやりたい人におすすめのパソコンです。Premiere ProやAfter Effectsでごりごりエフェクトをかけてもサクサクなのでとても快適に作業が進みます。

また、高性能グラフィックボードのGTX1070はCudaコア数が1,664基もあります。GTX1060より60%も多いため、エンコード時間の短縮に繋がります。メモリも32GB搭載されていて、まさにプロ用の動画編集パソコンです。

raytrek GKF1050TNF

CPU Core i7-7700HQ(クアッドコア, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz)
メモリ 16GB PC4-19200(8GB x2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1050Ti 2GB、17.3インチ非光沢ワイド液晶
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD
チップセット インテル HM175 Express チップセット

raytrek GKF1050TNFの価格はこちら

ノートパソコンで動画編集をやるなら、大きな液晶モニタを搭載したモデルがおすすめです。このノートPCは17インチ液晶なので作業領域が広く、動画編集をサクサク行えます。

肝心のグラフィックボードはミドルスペックのGeForce GTX1050Tiです。GTX1060には劣るものの、それでも十分高性能です。ノートとは思えないほどヌルヌル動いてくれますよ。

公開日:
最終更新日:2017/02/27