どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

Just Cause 3が重いと嘆くあなたにおすすめのゲーミングPC

Just Cause 3は重いかな?と思ったらやっぱり重かった!

最新のオンラインゲームの重さはちょっと異常です。ミドルスペックでは全然追いつかなくなってしまいました。特にオープンワールド系が激重です。Just Cause 3もオープンワールドなのでご多分に漏れず激重です。

オープンワールドだとマップも視界も広い(遠くまで描画される)ため他のオンラインゲームよりも高いスペックが求められる傾向があります。ではJust Cause 3に必要なPC環境を確認してみましょう。

Just Cause 3推奨スペック

最低動作環境ではまともに動きません。低画質にして低解像度にしてもガクガクでした。PCゲームはヌルヌルじゃないと楽しめませんし、気持ち悪くなります。だからJust Cause 3推奨スペック以上のゲーミングPCで遊ぶのがおすすめです。

OS:Windows 7/8.1
CPU:Core i7-3770
メモリ:8GB
グラボ:GeForce GTX780 3GB

びっくり仰天の推奨スペックです。ポイントは2つです。CPUがCore i7なところ、グラフィックボードのビデオメモリが3GB以上なところです。これまではCore i5 CPUでも通用しましたが、これからはCore i7が必須ですね。今だとCore i7-6700がいいでしょう。

グラフィックボードはビデオメモリ2GBでは足りません。つまりGTX750TiやGTX950、GTX960ではスペック不足です。GTX1060やGTX1070ならビデオメモリ6GB以上ですし、GTX780以上の性能なのでJust Cause 3にぴったりです。

Just Cause 3におすすめのドスパラのゲーミングPC

Just Cause 3の推奨スペックと選ぶべきパーツがわかったので、具体的にどのゲーミングPCがおすすめかを解説します。

ガレリア XT

CPU Core i7-7700(クアッドコア, 定格3.60GHz, TB時最大4.20GHz)
メモリ 8GB PC4-19200(4GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル H270 チップセット

ガレリア XTの価格はこちら

ガレリア XF

CPU Core i7-7700(クアッドコア, 定格3.60GHz, TB時最大4.20GHz)
メモリ 8GB PC4-19200(4GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル H270 チップセット

ガレリア XFの価格はこちら

ガレリア ZF

CPU Core i7-8700K(クアッドコア, 定格3.70GHz, TB時最大4.70GHz)
メモリ 8GB PC4-21300(8GBx2, シングルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
ストレージ 500GB SSD + 1TB HDD
チップセット インテル Z370 チップセット

ガレリア ZFの価格はこちら

公開日:
最終更新日:2017/12/14