どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

ドスパラのGeForce GTX1070Ti搭載おすすめゲーミングPC

GTX1070Tiが発売されるなんて夢にも思いませんでした。GeForce GTXシリーズの過去の流れを見ると、「Ti」版が出るのは50版か80版かのどちらかだったからです。

例えばGTX10シリーズならGTX1050Ti、GTX1080Tiがあります。1つ前のGTX900シリーズもGTX950Ti、GTX980Tiだけでした。Tiは強化版でコスパ良好みたいな位置づけなので、GTX1070より高性能でコスパも良くなったことを意味します。

GTX1070とGTX1070Tiを比較

ではGTX1070とGTX1070Tiとはどのようなスペックが違うのでしょうか。公式で示されているスペック比較表をご紹介します。

GTX1070Ti GTX1070
CUDAコア 2,432 1,920
ベースクロック 1,607 1,506
ブーストクロック 1,683MHz 1,683MHz
ビデオメモリ 8GB 8GB
メモリ帯域 256GB/Sec 256GB/Sec
消費電力 180 W 150 W

CUDAコアとベースクロックが向上し、その分消費電力も上がっています。ブーストクロックは変わっていないので、そこまで大きく性能は変わらないようです。やはりGTX1070とGTX1080の中間に位置するのでしょう。

GTX1070Tiの最大の特徴は「メーカーが自由にオーバークロックできない」ことです。普通はGTX1070の強化版にあたるオーバークロックモデルを各メーカーが販売しています。

しかしそれを許してしまうとGTX1080通常版よりGTX1070Tiオーバークロック版のほうが高性能になってしまうので、ナンバリングの意味がなくなります。だからメーカーごとの違いはせいぜいファンの数はデザインです。性能自体は完全に一緒です。

ただし、購入したユーザーがオーバークロックするのは自由です。だから2ファンや3ファンのGTX1070Tiが販売されています。NVIDIAが専用のオーバークロックツールを配布しているので、それを使えばGTX1070TiはGTX1080以上の性能になります。そういう意味ではちょっと手間はかかりますが、コスパはいいですね。

おすすめのGTX1070Ti搭載ゲーミングPC

GTX1070Tiが発売されて間もないタイミングでこの記事を書いています。そのためまだ世の中にはGTX1070Ti搭載ゲーミングPCはほとんどありません。G-Tuneにはまだ1台もないくらいです。

ドスパラは新パーツを登載したゲーミングPCをどこよりも早く販売開始してくれます。だからGTX1070Ti搭載ゲーミングPCが欲しいなら以下のドスパラのモデルがおすすめです。

ガレリア ZV

CPU Core i7-8700K(6コア, 定格3.70GHz, TB時最大4.70GHz)
メモリ 8GB PC4-21300(4GBx2, デュアルチャネル)
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB
ストレージ 500GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル Z370 チップセット

ガレリア ZVの価格はこちら

グラフィックボードのGTX1070Tiだけではなく、CPU、マザーボード、チップセット、メモリもすべてが最新です。冷却性能の高いPCケースが採用されているのでオーバークロックにも向いています。

最新のハイスペックゲーミングPCなのに20万円以内で買えるのも素晴らしいです。現状のGTX1070Ti搭載ゲーミングPCでは一番おすすめです。でもせっかくならメモリ16GBにしたいですね。

公開日: