どすらぼ

ドスパラのおすすめパソコンを本気で評価

*

パソコンでオンラインゲームをプレイする敷居は低い?高い?

   

最近では、スマートフォンで協力オンラインプレイするゲームも増えていることから、オンラインゲームへの敷居は下がったと言えると思います。

しかし、いまだにパソコンでオンラインゲームをする敷居は高いように捉えられていると思います。その理由は一体なんでしょうか?

パソコンのオンラインゲームの敷居が高いと考えられる理由

多大な初期投資費用

パソコンのオンラインゲームは、まず初期費用が多額になることが挙げられると思います。

まともにオンラインゲームを稼動させるゲーミングPCと周辺機器を揃えるとなると、10万円以上~20万円かかることになります。

さらに、通信速度の速い安定したネットワークを確立するとなると、光回線を引く工事代金さらにネット接続料金などがかかります。

気遣いが必要

スマートフォンで行うようなオンラインゲームの多くは、友人知人とプレイするものが多く、またチャットが必要なもの少ないです。

しかし、パソコンのオンラインゲームでは、テキストチャットやボイスチャットでのコミュニケーションがあり、下手をすると罵詈雑言を浴びるのでは?ということが懸念されます。

時間が多く取られる可能性がある

プレイスタイルにとにかく時間がかかるものが多いというのがパソコンのオンラインゲームの特徴に思われると思います。

課金でなんとかなるスタイルもありますが、時間を要してクリアするゲームが多いところも事実だと思います。

1度のプレイ時間が長い場合、ライトユーザーには苦痛になる場合が多いと思います。

最近のパソコンのオンラインゲームは敷居が下がってきている

確かに上に挙げた3点は、昔から懸念されている敷居の高さです。しかし、最近のオンラインゲームの運営も学習していないわけではありません。

プレイ時間は短縮傾向に

プレイ時間は一人プレイでも短時間で満足を得られるゲームも多数あります。移動もワープや移動速度のあがる乗り物などが実装され、長時間かからないようになってきております。

暇つぶしとして短時間にプレイできるスマートフォンゲームに対抗し、短時間プレイでもしっかり遊べるオンラインゲームも増えております。

ソロプレイも推奨されてきている

オンラインゲームを長く続けていると、ローカルルールや自分ルールを押し付けてくる人が増えてきます。

そういった人間同士のトラブルを避けるために、ソロプレイでもある程度プレイできるようになっております。人とのつながりが減ってしまい、ある意味オンラインプレイの醍醐味が減ってしまっておりますが、折角楽しいゲームをトラブルで辞めてしまうのは惜しいことなので、こういった対処は仕方ないことでもあります。

初期費用についてはパソコンがあれば継続費用は少なめ

パソコンのオンラインゲームは、どうしても初期費用がかかります。しかし長く継続しているオンラインゲームでしたら、エントリーモデルのゲーミングPCでも十分に遊べるものもあります。

また、ゲームのためにパソコンを購入すると考えると、とても割高に感じられますが、仕事や学業で使用するパソコンにグラフィックボードを付属すると考えると数万円の出費であるので、そこまで高価とは考えづらいです。

パソコンのオンラインゲームは、課金系のものを選ばなければ、月額ですむものもあります。課金をしなくても十分遊べるものをチョイスすれば、維持費も安価にすみます。しかも、遊び甲斐があるゲームも多いので十分元が取れると思います。数年は同じゲームで遊べるクオリティです。

初期費用がネックか?

パソコンゲームを楽しむとなると、やはり初期投資が一番ネックかもしれません。しかし、最近はCPUやグラフィックボード、メモリの性能も発売されているゲームとしてはもてあましているものも多いので、昨今のゲームはミドルスペック程度のゲーミングPCを購入すれば、満足を得られると思います。

私もミドルスペックのゲーミングPCで十分にパソコンのゲームを楽しんでいるので、パソコンゲームに興味のある方は、まずミドルスペックのゲーミングPCかGeForce GTX1060(6GB)かRADEON RX580または費用に余裕があればGTX1070あたりを購入すれば大体のゲームは問題なく動作するでしょう。

ドスパラのミドルスペックゲーミングPCを比較

 - ブログ